なんでここまで人間を苦しめる!{この世は弱肉強食だ}

害獣の存在

ハクビシン駆除とは

ハチ

ハクビシンとは江戸時代末期から明治時代初期に持ち込まれた動物です。 現在に至るまで、生息を続けている動物であり、生息地は今や日本全国となっています。 こうした中、ハクビシンも生息するためには居住地を作らなければいけません。居住地として選ぶのが、家屋の床下や天井裏になるわけです。 ハクビシンが住み着きますと、屋根裏ですとかなりの音や振動がするようになります。 この時点で気づかれる方が多くいます。 ハクビシン駆除はまずは住み着いている場所があるはずですので、ある程度は目星をつけなくてはいけません。 しばらくは観察を行い、行動パターンを把握することです。 そうすることで、ハクビシン駆除に向けた対策も考えられることになります。

駆除の方法

ハクビシン駆除については、体長が60から70センチもある大きな動物ですので、捕まえるのは、一苦労すると思います。そうしたなか、捕まえずにハクビシン駆除を駆除する方法が、あります。その手法とは、バケツに、爆竹を仕掛けて、大きな音でハクビシンを追い払う方法です。至ってシンプルな方法ですので、誰でもできるはずです。しかしながら、ここで気をつけなくてはいけないのが、ハクビシンの進入口を事前に知っておくことが必要となります。進入口をふさがなくては、せっかくハクビシン駆除をしても、しばらくしますと帰ってきてしまいます。そうならないためにも、事前の調査は必ず必要となります。また、爆竹を使用する際は火事などにも気をつける必要がありますので、考えてください。